トップページ > 事業案内: 地盤補強工事

地盤補強工事

特長


ウルトラコラム工法((財)日本建築総合試験所 建築技術性能証明)

建築物の強固な基礎づくりを実現する新しいソイルコラム工法
ウルトラコラム工法は、セメント系固化材スラリーを用いる機械攪拌式深層混合処理工法で、独自形状の十字型共回り防止翼を有する掘削ヘッドの採用をし、攪拌不良を見事に低減しました。また、施工直後にコラムの比抵抗をミキシングテスターで測定し、撹拌状況を確認することで、高品質のコラムを築造できます。
特長
  • 独自の技術で撹拌効率アップ
    新開発の十字型共回り防止翼の採用で撹拌作業を効率化しました。
  • 確かな品質管理
    ミキシングテスター(比抵抗測定器)で撹拌状況を確認し、サンプラーで対象土質のコラムの強度などを入念にチェックし、施工品質を高めます。
  • 多彩な改良形式を選択可能
    目的に応じて杭形式(杭配置、接円配置、ラップ配置)、ブロック形式、壁形式など、さまざまな改良形式を選定できます。
  • 小規模建築物にも対応
    戸建住宅をはじめ、3階以下の小規模建築物の柱状改良工事にも対応できます。スウェーデン式サウンディング試験を採用。
  • さまざまな現場に対応
    施工現場に合わせて、小型クローラー式やラフタークレーン式、建柱車、バックホウなどさまざまな施工機械を選択できます。
  • 幅広い土質に適応可能
    撹拌効率が高いので、砂質土、粘性土、ローム、シラスなど幅広い土質に対応できます。
  • コラム径φ500~φ1300mm
    施工できるコラム径は、小規模建築物ではφ500mm~φ800mm、一般建築物ではφ500mm~φ1300mmです。
  • 発生残土を低減
    原位置土とセメント系固化材スラリーを撹拌混合する工法なので、発生する残土が少なく処分も容易です。
  • 低騒音・低振動
    周辺環境への影響を最小限に抑えることができます。


掘削ヘッド


ミキシングテスター


クローラタイプでの施工


建柱車での施工

アルファフォースパイル工法(国土交通大臣認定/TACP-0240,TACP-0241)(建築技術性能証明/GBRC 第06-01号)

動画の再生は下記のボタンをクリックしてください。(0:55)

  • 動画をパソコンにダウンロードして再生する方は下記のリンクをクリックしてください。

アルファフォースパイルは、新しい回転貫入鋼管杭
鋼管を杭として(国規定の資材、設計法)を施工機で直接強硬な支持層まで回転圧入させ、建物を支持する工法です。超軟弱地盤を含め、改良系工法がふさわしくない場合に使用できます。鋼管杭工法と違う点は、鋼管杭工法は一般住宅向けのものですが、アルファフォースパイル工法は一般住宅から中低層ビルまで建築物の種類を問わず、幅広く対応ができます。
特長
  • 高い強度と施工品質
    先端翼付の鋼管杭は、構造的に先端翼の始点と杭本体との付け根に大きな曲げ応力が発生します。アルファフォースパイルは、翼の始点と先端閉塞蓋の一部を一体化にすることで強度増加を図りました。(特許取得)

  • 翼部を均一な幅でかつスムーズな螺旋状にすることで、大きな曲げ応力が部分的に集中しないようにして翼部全体の耐力を確保しています。また、回転貫入時に杭周辺地盤を乱さない一枚羽を採用しました。

  • 高い加工精度
    杭本体のサイズ別に専用設計した先端拡底翼は、杭の先端閉塞蓋と一体でプレス成型するため、容易に杭本体の所定位置に取り付け溶接できるので、ローコストでありながら品質斑が無い組み立て加工が可能になりました。

  • 円盤状に切断


    プレス機で翼型に成型


    くい本体(鋼管)に取付


    先端刃と共に溶接して完成

  • 多種多様な用途の支持杭としてご利用可能
    杭径φ89.1mm~φ267.4mm、翼径φ250~φ600mm(25~707kN/本)の8タイプ39種類
  • 狭い場所でも現場を汚さず、安全かつスピーディーな施工

  • 狭小地での施工(クローラタイプ)


    建柱車での施工

■アルファフォースパイル寸法表及び長期許容先端支持力
本体軸部分(STK400) 先端翼部 基礎杭の
先端の
有効断面積
Ap(㎡)
上限
N値
長期許容先端支持力(kN)
軸部径 D0
(mm)
軸部厚 t0
(mm)以上
先端翼径 Dw
(mm)
先端翼厚 tw
(mm)
杭先端平均N値
SS400 SM490A 10 15 20 25 30 35 40 46
φ89.1 4.2 φ250 9 9 0.024 20 25 37 49 49 49 49 49 49
φ101.6 4.2 φ275 9 9 0.030 20 30 45 60 60 60 60 60 60
φ114.3 3.5 φ300 9 9 0.036 20 36 54 72 72 72 72 72 72
4.5 12 25 36 54 72 91 91 91 91 91
30 36 54 72 91 109 109 109 109
6.0 14 12 35 36 54 72 91 109 127 127 127
4.5 φ500 16 0.084 40 36 54 72 91 109 127 145 145
46 36 54 72 91 109 127 145 167
φ139.8 4.5 φ350 12 9 0.050 20 50 75 100 100 100 100 100 100
14 12 25 50 75 100 125 125 125 125 125
6.6 16 14 30 50 75 100 125 150 150 150 150
19 14 35 50 75 100 125 150 175 175 175
16 40 50 75 100 125 150 175 200 200
46 50 75 100 125 150 175 200 231
φ165.2 5.0 φ400 14 12 0.066 20 66 99 133 133 133 133 133 133
25 66 99 133 166 166 166 166 166
16 30 66 99 133 166 199 199 199 199
19 14 35 66 99 133 166 199 232 232 232
16 40 66 99 133 166 199 232 265 265
7.1 22 19 46 66 99 133 166 199 232 265 305
φ190.7 5.3 φ450 16 12 0.084 20 85 127 169 169 169 169 169 169
19 14 25 85 127 169 212 212 212 212 212
16 30 85 127 169 212 254 254 254 254
7.0 22 19 35 85 127 169 212 254 296 296 296
25 19 40 85 127 169 212 254 296 339 339
22 46 85 127 169 212 254 296 339 339
φ216.3 5.8 φ500 19 14 0.105 20 105 158 211 211 211 211 211 211
22 16 25 105 158 211 263 263 263 263 263
19 30 105 158 211 263 316 316 316 316
25 22 35 105 158 211 263 316 369 369 369
8.2 28 22 40 105 158 211 263 316 369 422 422
25 46 105 158 211 263 316 369 422 485
φ267.4 6.0 φ600 22 19 0.153 20 154 230 307 307 307 307 307 307
25 22 25 154 230 307 384 384 384 384 384
28 30 154 230 307 384 461 461 461 461
8.0 ----- 25 35 154 230 307 384 461 538 538 538
----- 28 40 154 230 307 384 461 538 614 614
9.3 ----- 46 154 230 307 384 461 538 614 707

RES-P工法(建築技術性能証明/GBRC 第04-02号)

動画の再生は下記のボタンをクリックしてください。(0:47)

  • 動画をパソコンにダウンロードして再生する方は下記のリンクをクリックしてください。

RES-P工法は、パイルド・ラフト基礎工法の一種です。
弱い地盤中にパイプ(細径鋼管)を貫入して、地盤とパイプの複合作用で地盤を強くして沈下を防ぐ、住宅の基礎地盤補強工法です。
特長
  • 地盤の耐力を強化し、地盤の沈下を低減します
    基礎底面にパイプを455mm~600mm程度の間隔で打設し、地盤とパイプの複合作用によって、地盤の支持力の増加と沈下の抑制をはかります。杭基礎ではないので、基礎の補強が要らず、通常の直接基礎で対応できます。
  • 低振動・低騒音で施工します
    細径鋼管なので、地盤への貫入がスムーズです。このため、他の工法に比べ、振動・騒音の発生を小さく抑えることが出来ます。
  • 狭い土地でも施工可能です
    施工機は2t車ベースの車両で、材料以外の機材はなく、狭小地での施工が可能です。
  • 残土処理が不要です
    セメント系地盤補強工法では、掘削等のため残土が発生し、産業廃棄物として処分費用がかりますが、RES-P工法では 残土が発生しないため、工事費が安価となります。現場の見た目も印象が良く、整地された状態で基礎工事に引き渡すことが出来ます。
■RES-P工法の設計
RES-P工法の設計とは建物の荷重を支える為に、地盤の状態に応じて、地中に貫入するパイプの数と位置及び貫入深さを決定する事です。
■RES-P工法の施工
・RES-P工法は専用機械を用いて施工しています。 ・設計に基づいた配置の通りに、パイプ(細径鋼管)を回転圧入で地盤に貫入します。
・施工時にはパイプの鉛直性、貫入深さ、貫入抵抗を同時に記録します。
・パイプは直径48.6mm、肉厚2.4mmで亜鉛めっきを施した一般構造用炭素鋼です。
作業工程
1. パイプの建て込み 2. 鉛直度調整 3. 回転圧入 4. 貫入深さ確認
パイプの頭部に貫入装置ロッドをセットし、パイプ芯位置にパイプを建て込む。 パイプの鉛直性を、リーダーを鉛直にする事により保つ。 貫入装置の圧入力及び回転力によりパイプを貫入する。 パイプの貫入深さ及び貫入抵抗を記録する。

湿式改良柱体工法

動画の再生は下記のボタンをクリックしてください。(0:28)

  • 動画をパソコンにダウンロードして再生する方は下記のリンクをクリックしてください。

土中水分が多い地盤の改良に適しています。
ミルク状にしたセメント系固化材を注入しながら、回転式攪拌掘削機で掘削、混合、攪拌して、強固なパイル状の固結体を形成する工法です。土中水分が多い地盤の改良に適しています。
特長
  • 無振動・低騒音のコンパクトマシンを使用するため、住宅密集地や狭い土地での施工が可能です。
  • 軟弱地盤や盛土、埋立地などの不良地盤の“中層浅層改良”に適しています。
  • 5~8m程度までの改良施工に効率的で、最大深度12m程度まで施工可能です。
  • 「地下水位が高い」「崩壊のため掘削不可能」「オーガーでも素掘不可能」といった高含水地盤でも施工可能です。
  • 鋼管杭や鋼杭、既製杭などの打込み不能な玉石混じり層、礫質層でも施工できます。

動画の再生は下記のボタンをクリックしてください。(0:38)

  • 動画をパソコンにダウンロードして再生する方は下記のリンクをクリックしてください。

乾式改良柱体工法

土中水分が少ない地盤の改良に適しています。
アースオーガー(狭隘地ではボーリング機)で所定の深度まで掘削を行った孔内に、掘削土と粉体のセメント系固化材を混合し、スクリューの正転、逆転により攪拌、締固めを行い、柱体を造る工法です。土中水分が少ない地盤の改良に適しています。
特長
  • 湿式に比べて養生期間が不要で、工期の短縮が図れ、硬化に伴う体積収縮も少なく抑えられます。
  • 3~5m程度までの改良施工に効率的で、最大深度6m程度まで施工可能です。
  • 止水性に優れ、連続土留め壁にも適しています。
  • 既製杭や鋼管杭などと比較して、ローコストで施工できます。

表層地盤改良工法

軟弱地盤に軽量な建築物を建てる場合に用います。
軟弱地盤に比較的軽量な建築物を建てる場合に用いる工法です。一定の深さにセメント系固化材を強制混合し、薄層転圧をくり返すことにより、比重の高い良質な安定基盤を造ります。
特長
  • 主に木造3階建てまでの小規模な建築物の地盤改良に適しています。
  • 工期は通常1日から2日と短期間で済みます。

鋼管杭工法

土質などに影響を受けない、最も一般的な補強工法です。
地耐力が不足している地盤に支持杭として鋼管を打ち込み、建築物の沈下を未然に防ぐ工法です。杭打方は状況に応じて、直接打込式や回転圧入式、圧入式、埋込式などを使い分けます。

動画の再生は下記のボタンをクリックしてください。(0:19)

  • 動画をパソコンにダウンロードして再生する方は下記のリンクをクリックしてください。

Pickup

■回転圧入式
小口径鋼管杭を回転させながら圧入し、所定の支持層まで杭を接続しながら施工します。無振動・低騒音で施工できるため、都市部の住宅地での工事には欠かせない工法です。
特長
  • 多少の地中障害物を排除・貫通し、所定の支持層まで到達することができます。
  • 重機の進入が困難な現場では超小型ハンマーによる施工も可能です。
  • 杭口径が小さく、排土量が少ないため、隣地施工や密集地施工が可能です。

事業案内

MENU
  • 事業案内について
  • 地盤調査
  • 新技術開発
  • 地盤補強工事
  • 沈下防止・水平修復工
  • 土壌汚染調査
  • さく井工事
  • Q&A
ページトップへ