トップページ > 事業案内: 沈下防止・水平修復工事

沈下防止・水平修復工事

アンダーピニング工法

支持地盤が深い建物の沈下修復を行う工法です。
沈下した基礎の直下を掘り下げ、油圧ジャッキを使って傾いた家を水平に戻します。安定した地盤まで打ち込んだ鋼管をそのまま支持杭にするため、再沈下の危険性がなく、将来的な沈下も防止します。
特長
  • ふだん通りにお住まいのままで、沈下の修復を行うことができます。
  • 水平修復すると同時に、今後の沈下再発も防止します。


水平調整用ジャッキで水平調整

アンダーパイルドラフト工法(UPR工法)[特許取得]

支持地盤が比較的浅い場合や、支持層が深い場合で中間層がある場合の沈下修復工法です。
アンダーパイルド・ラフト工法(UPR工法)は保持版(耐圧版)工法とアンダーピーニング工法を併用して1.5m~3.0m程度の支持地盤が比較的浅い場合や、支持層が深い場合で中間層がある場合に、その中間層を支持層としてジャッキアップが可能な建物に有効な沈下修復工法です。
特長
  • 支持層が深い場合でも中間層がある場合には、通常のジャッキアップや液状化による沈下修復に適してしており、沈下修復工法として【特許取得】の他社に無い新技術工法です。


水平修復工


水平調整用ジャッキセット

保持版工法

支持地盤が浅い建物の沈下修復を行う工法です。
支持地盤が浅い場合(1.5m程度)の修復工事に用いられる工法です。沈下した基礎下を掘削後、支持地盤にモルタル下地を施し、保持版を設置。油圧ジャッキで基礎を持ち上げ、沈下防止や水平修復を行います。
特長
  • 微振動、微騒音の施工により、ふだん通りにお住まいのままで沈下修復を行うことができます。


ジャッキアップ


基礎本受け完了

土台上げ工法

地盤沈下が終止している建物の修復を行う工法です。
基礎と土台の縁をいったん切り、建物だけをジャッキによって水平修復します。地盤補強効果はないため、建物は傾いているものの地盤沈下は終止していて、これ以上沈まない場合に行います。
特長
  • リフォーム時に床板を撤去した状態での施工が多く、工期が短く安価で済みます。


固定金具取付け


モルタル補修完了

嵩上げ工法

基礎のやり直しや土台の入替えを行う際の工法です。
現在ある建物を保存するために、基礎をやり直したり、土台を入れ替えたりする際、嵩上げすることで工事が可能になります。
特長
  • 現在の基礎より高くすることで、床上・床下浸水といった水害の防止・予防にも役立ちます。


ジャッキダウン状況


定着完了

曳家工法

建築物の移動や方向をかえる工法です。
曳家工法により、建物を解体しないで移設したい場所まで水平に移動させることができます。歴史的建築物や貴重な文化財などを移動して保存したり、敷地を有効利用するための移動や陽当たりの悪い家の方向をかえたり、さらには都市計画による道路拡張・区画整理事業のための移動などに役立ちます。
特長
  • 住み慣れた建物をそのまま再利用できます。
  • 新たに建築するよりも低コストで済みます。
  • 建物を解体しないため、産業廃棄物が発生しません。


道レール設置


移動開始

事業案内

MENU
  • 事業案内について
  • 地盤調査
  • 新技術開発
  • 地盤補強工事
  • 沈下防止・水平修復工
  • 土壌汚染調査
  • さく井工事
  • Q&A
ページトップへ